Quyo

つづろう、モノの思い出

Quyo(クヨウ)は、捨ててしまったモノの思い出をつづって共有するサービスです。

(Sign in with Hatena ID)

このエントリーをはてなブックマークに追加

About Quyo

Share

「いまは手放してしまった/これから手放す予定だけど、思い出深いモノ」を語って、みんなに共有しましょう。

Favorite

気に入った投稿には、 Favorite しましょう。自分のQuyoがFavoriteされたときには、通知が届きます。

Explore

Random で、ほかの人のQuyoにランダムでジャンプします。一期一会のQuyoに感謝しつつ Favorite しましょう。

Featured Quyo

適当にいい感じのQuyoをお届けします。今回はこのQuyoみたいです。

もっと見る

渡辺君から盗んだキン消しの思い出

1983年、任天堂がファミリーコンピュータを発売した年、幼稚園の年長さんで6歳の僕は友だちのキン消しを盗んだ。どうしてもキン消しが欲しくて、でも親はキン消しを買ってくれなくて、友だちの家から勝手にキン消しを持ち出した。6歳にして、立派な泥棒だ。

盗んだキン消しは家に持って帰れなかった。親にどこで手に入れたか問い詰められるから。それにものすごく後ろめたかった。身近に置いて置くと、仲の良い友だちを裏切った罪悪感で押しつぶされそうになるから。どこか離れた所に置いておきたかった。それで、住んでいた社宅の廊下に置いてあったプランターの下に、ビニール袋に入れて隠した。誰も知らない秘密の場所だと思っていた。人の家のプランターなのに。

一度キン消しを盗むと、次はロビンマスクが欲しくなり、その次はステカセキングが欲しくなる。僕は複数の友だちから、自分の欲しいキン消しを次々と盗んで、プランターの下に貯めていった。ただ貯めるだけ。だって遊びに行く時持って行ったらばれるから。たまにプランターの下からひっぱりだして、ちょっと眺めてまた戻す。そうする度に胸の痛みは蓄積されていった。

ある日もうこんな悪いことは止めようと思って、プランターの下からビニール袋に入った全てのキン消しを取り出した。これから渡辺君の家に遊びに行こうと家を出てすぐだった。ビニール袋の中に溜まった十数個の盗んだキン消し。その多くは渡辺君の家から盗んだものだ。

一番仲のいい友だちだったから、思いっきり楽しんで遊べた頃に戻りたかったんだと思う。その頃は彼の顔を見るたびにひどい罪悪感に苛まれていた。でも、彼に返すことはできない。キン消しを盗んだことがばれたら、もう友だちのままではいられないだろう。

悩んだ末、彼の家に向かう途中に道を横切るどぶ川に、ビニール袋ごと捨てた。水かさの少ないどぶ川だったから、十数個のキン消しが入ったビニール袋は重すぎて、なかなか流れなかった。それでも心に重くのしかかっていたものを捨てられた気がして、彼の家に遊びに向かった。

====

渡辺君から盗んだキン消しに関する思い出は以上です。その後親にバレて怒られた顛末などは、私のブログ記事をご覧ください。
http://nmy.hatenablog.com/entry/20080222/1203678899